nanto-e.com archive

『南砺市、心はひとつ!』南砺市商工会青年部

南砺市内、商工業に従事する若者が地域のため、稼業のために、奮闘しております!

なんとB級グルメ選手権 1日目

2011年11月05日
 つ・い・にやってきました。
 11月5日は「なんとB級グルメ選手権」1日目です!!


 この日の為に青年部員は身を粉にして準備してきました。出品者の方にも予選、打ち合わせ、説明会、会場下見と何度も足を運んでもらい万全の体制を整えていただきました。



 9時半頃よりお客さんがチラホラと入場されはじめ、10時の開会式が始まる頃にはけっこうな人数になっていました。

 11時の時点で各店の前には行列ができており、実行委員長の合図で一斉に販売が開始されました。


 それぞれのメニューの提供時間の違いからか、ずっと長い行列が続いたり、逆にどんどん捌いて行列がほとんどできない店などいろいろでした。

【投票について】
 各メニューをお買い上げされると、一品につき一膳、
黒っぽい割り箸がもらえますので、

お帰りの際に美味しかったと思われるメニューの
投票箱にお入れ下さい


 明日の3時の時点で重量によって集計を行い、最も人気のあったメニューをなんとのB級グルメと認定し、賞金30万円を贈呈します!


 今日は折り悪く午後からは雨でしたが。昼過ぎにはいくつかのメニューが予定数を売り切り。販売終了していました。

 各店の2日間の合計販売数は、合計700食と決まっていますが、1日目・2日目の販売数の割合は各店によって違います。
 運営側としては、それも販売戦略の駆け引きのひとつだと認識しております。

 な・の・で、今日450食を売った店は、
明日250食しか販売しません。

 どうしても食べて見たいメニューのある方は、早めに行かれる事をオススメします。

 明日は10時販売開始です。

 なお、B級グルメ以外にも南砺市の美味しいもの、他のまちおこしの美味しいものもたくさん出店しておりますので、そちらもお楽しみ下さい!







なんとB級グルメ選手権 出場チーム

2011年11月07日
優勝 ゆかたーず 「なんなんまぶまぶ」


準優勝 チーム ごんま 「なんと!糀くん丼」


3位 チーム・サーターアンダギー 「もちもち芋っち」


<以下エントリーNo.順>

ひょっとことゆかいな仲間たち 「南砺・ん米天ぷら」


久保ファミリー 「南砺710食(ナットク)〜そば」


宮 X I L E 「南砺名物 ヨイヤサ!あん丼」


チームみのぐち 「なんと焼」


麦屋まつり友の会 「とうふのアゲチリバーガー」


smile factory ippo 「南砺ロール」


南砺市商工会青年部利賀支部 「なんと餃子」



 以上、全10チーム


 出場者の皆様、レシピを応募してくださった皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。
 皆様の南砺への想いを背負い、これからも南砺を盛り上げるよう頑張ります!

 どうもありがとうございました!

なんとB級グルメ選手権 2日目

2011年11月07日
 11月6日(日)、
なんとB級グルメ選手権2日目です。

 昨日の午後から降り続く雨はやみませんでした。昨日はなんやかんやチケットやメニューの販売数は予定を上回り、来客数もまずまずでしたが今日はどうなるのやら・・・不安な思いで幕が開きました。

 オープニングの時間が近づくにつれ、お客さんはどんどん増え、販売開始の頃には1日目より若干多いくらいになっていました。とりあえず安心しました。

 10時販売開始、雨のせいで行列は昨日ほどの長さにはなりませんが、休憩所はほぼ満席、各メニューは淡々と売れ続けているようでした。


 11時過ぎには昨日450食を売ったチームごんまの「なんと!糀くん丼」が700食完売で早々と販売終了しました。
 続いてゆかたーずの「なんなんまぶまぶ」が完売。その後も続々と完売してゆき、2時過ぎには全10チームが終了時間を待たずに700食を完売しました。

 その頃になっても坂道を登ってくるお客さんは後を絶たず、雨でなければ来客が多すぎて逆に大変な事になっていたかもしれません。
 目当てのメニューを食べられなかったお客さんも大勢おられたようで、一応その事態も予想してステージでは多くの演目を用意し、特産品等の販売や青年部員の売店、移動販売車などを用意しておりましたが、食べ損ねた方には大変申し訳ありませんでした。



 3時より投票箱を開封し重量計にて割箸の計測を行いました。
 ちなみに投票方法を検討したときに「汁物が有利になるのでは?」という疑問が出ましたが、実際には水に濡らしてから投票しても重量的にほとんど影響は無いと言うことでした。


 3時半より結果発表、重量を隠した大きなボードを各チームが持ち、エントリー順に重量を発表しました。

 エントリーNo.4、最初に完売したチームごんまの「なんと!糀くん丼」が10.1kgで大台越え。
 塩麹のこくのあるガッツリ系の丼が、当日肉体労働していたスタッフの間では一番人気でした。

 そしてエントリーNo.10、図らずもトリとなったゆかたーず「なんなんまぶまぶ」10.5kg!
 0.4kg差で優勝となりました!

 豚肉の照り焼きで最初はガッツリと、半分からはだし茶漬けでサラサラと。そしてミョウガを利かせて最後まで飽きさせない工夫が、予選でも審査員に大好評でした。

 なんとB級料理の定義や認定後の販売方法の問題・今後の展開など、レシピ募集開始前から実行委員会内でも議論がありました。それらを全て「おいしさ」が吹き飛ばすような結果となりました。



 今後は「なんなんまぶまぶ」
      なんとを代表するB級料理
と認定し、それを軸に食の面から南砺を全国に発信していくことになります。

 

 ここがゴールではなくスタートだと、心を新たに
「南砺 心はひとつ」
を合言葉に南砺市を盛り上げ、全国に

「なんとっっ!!」

と轟かせるよう努力していきますので、今後ともご理解ご協力の程よろしくお願いします!

チャレンジマイスター

2011年11月14日
 11月6日(日)、B級グルメ選手権に人がごった返すそばで「ものづくり体験事業チャレンジマイスター」を行っていました。

 小中学生に「ものづくり」を体験してもらい、製造業をはじめとする“ものづくりの仕事”に目を向けてもらう。それがチャレンジマイスター事業の目的です。

 今回は南砺市はじめてのB級グルメ選手権に合わせ、南砺に関連の深い食べ物をつくるメニューを用意し、講師もその道の一線の方々にお願いしました。

 ・そば打ち体験
   (講師:富山そば研究会城端道場の皆さん)
 ・とうふづくり体験
   (講師:富山県豆富商工組合 北坂専務)
 ・せんべい手焼き体験
   (講師:ささら屋福光店)

 普段お店で買うばかりの食べ物を自分の手で作ってみて、それを自分や家族で食べるところまで体験したことで、子供たちもいろいろなことに気づいたのではないかと思います。
 そしてなにより物をつくったり自分で形にすることの楽しさを知ってもらえたのではないかと思いました。


かきやま手焼き体験
 簡単そうに見えて意外と難しい。
 先生の焼いたお手本。
 手焼き体験はささら屋福光店さんでできます。

豆腐づくり
たくさんの大豆をミキサーにかけたら

お鍋で煮詰めます。
しぼった豆乳にニガリを入れると固まって豆腐になります。
美味しいおからもいっぱいできました。

そば打ち体験


麺棒で伸ばしていきます。

同じ太さに細く切るのがとても難しい
 茹で方も教えてもらいました。
 できあがり。
 太さが違うけどおいしいよ。

なんなんまぶまぶ 販売します!

2011年11月19日
 B級グルメ選手権で優勝した、南砺を代表するB級グルメ“なんなんまぶまぶ”をついに販売します!

 販売する場所は「福野さといもまつり」「IOXアローザ雪恋祭り」のイベント会場内です。日時は両方とも11月23日(水)です。

 ぜひ食べに来てください!

作者 :  部長!と部員!

南砺市を、商工業や青年部事業を通して、地域に、そして全国に発信する為、本部支部はもとより、近所の居酒屋から遠方の祭りまで、さまざまな場所に出没・増殖中。

2014 年
1
12
2013 年
1
11
12
2012 年
4
8
11
2011 年
1
2
3
12
2010 年
3
4
7
8
9
12
2009 年
1
2
3
4
5
9
12

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。